私は登録販売者の試験に行けなかった

登録販売者2019アイキャッチ
スポンサーリンク

こんにちは。2019年度登録販売者試験@東京都を受験予定でした、ひがし(@misuzu_higashi)です。

私は登録販売者という国家資格取得へ向け、皆様の応援を受けながら自分なりに勉強を頑張っていましたが、結論から言うと試験会場に行けませんでした

反省と感謝の気持ちをこめて、登録販売者の試験に行けなかった経緯を記しておきます。

登録販売者の資格試験を受けようと思ったきっかけ

なぜ私がドラッグストアに勤務しているわけでもないのに登録販売者を受験しようとしたのか、疑問に思う方もいらっしゃると思います。

特に変わった理由はなく、何か資格を取りたい!と思った末の行動でした。自分の心理を分解してみるとこんな感じです。

現在の状況に焦りを感じていた

2019年を迎えるにあたり、私はかなり焦っていました。

フリーライターとして開業してから数年立ちますが、特に目立った実績もなく、現在はアルバイトに集中してライティング仕事はほとんど休みをいただいているような状況でした。

  • 「何か新しいことを始めなければならない」
  • 「複数のことを同時に頑張って結果を出さなければいけない」
  • 「私は他の人よりもとても遅れている」

そんな思考に囚われていたのかもしれません。そうだ、今年は何か資格を取ろう。そう決めた時の謎の安堵感は一体何だったんでしょう?

きっと、手に、目に入る資格という形で世の中のつながりを持ち、自分の可能性も広げていきたいという考えだったんでしょうね。

客観的な評価がほしくてたまらなかった

登録販売者は国家資格です。受験資格は特にありません。

実際にドラッグストア等で登録販売者として働くには実質2年間の実務経験が必要なのですが、登録販売者は受かってしまえば手っ取り早く国家資格ホルダーになることができるものです。

免許更新も必要なく、TOEICのように実質効力をなくすこともありません。

私が普段どれだけ自分の生活や仕事を「頑張ったんだ!」と言っても、それは極めて主観的なものです。国家資格ホルダーという客観的な評価を得て、周囲の人に認めてほしかったんでしょうね。

学ぶ喜びをもう一度感じたかった

国家資格であり、更新が必要ないというだけでも登録販売者を受験する理由は充分なのですが、登録販売者を選んだ理由はもう1つありました。

私は理系です。学ぶ喜びをもう一度感じたかったんです。

理系学生なら大学院進学について一度は迷うことがあると思います。私もその1人でした。そして私は、進学をやめた方の1人でした。理由は自分が研究者に向いていない、娯楽として科学のインプットを楽しむ人間であると気づいたからです。

知らないことを知ること、とりわけバイオロジーとその周辺の学問が私は好きでした。登録販売者の勉強は薬や身体についての内容が中心であり、楽しみながら勉強ができると思ったのです。生涯学習の一環にもなりそうだな、と希望を持って勉強を始めました。

勉強に取り組んだ上で生じた複数の困難

登録販売者の勉強と日々の暮らしを両立させようと意気込んだ私ですが、度重なる困難に見舞われてしまいました。

そもそもキャパオーバーだった

私はいくつも仕事をしています。

  1. アルバイト(2つ)
  2. フリーライター
  3. ライティング以外にも自営の案件をいくつか

この生活に「4. 登録販売者の勉強」を入れ込むのは、不器用な私にとって非常に困難なことでした。アルバイトの休憩時間や家でのリラックスタイムを削って勉強をしようとしましたが、なかなかうまくいきませんでした。

Studyplusのようなアプリを使ったり、自分へのご褒美を設定したり、色々工夫は重ねました。しかし、だんだん勉強がただの苦痛に変わっていってしまいました。リラックスできるはずの時間も「今勉強をしていない」というだけで自分を責める時間に変わってしまって、全く休めませんでした。

※Studyplusはとてもいいアプリですよ!

勉強を習慣化! Studyplus(スタディプラス)

勉強を習慣化! Studyplus(スタディプラス)

Studyplus Inc.無料posted withアプリーチ

 

うつ病の悪化

そのうち、回復傾向にあった持病のうつ病が悪化してきました。

  • 異常な程の日中の眠気、慢性的な過眠
  • 自分を責めてしまい、認知の歪みだ!と気付くことの繰り返し
  • 集中力散漫になり、勉強しても続かない
  • 識字能力が低下し、テキストを読んでも文字が滑るような感覚に陥る

試験の本当に数日前に、私は「もう限界だ」と思いました。これ以上頑張ることはできない。頑張れるとしたら当日会場に足を運んで、来年の受験に向けて雰囲気を感じ取るくらいだ。きっとこれから死ぬ気で頑張って合格することは今の脳みそじゃ無理だ。そう悟ってしまって、たくさん泣きました。

せめて当日、せめて当日だけは。

そう思っていましたが、気圧の乱高下・生理2日目・扁桃炎……色々条件が重なってしまい、体調が最悪でした。試験当日は会場に行かず休むことに決め、泣いたあと、ものすごく気持ち悪いのにすっきりしたような、不思議な感情を抱いたのを覚えています。

応援してくれていた方々、ごめんなさい。ありがとうございました

登録販売者の受験について、友人や家族、Twitterのフォロワーの皆様にずっと応援していただいていました。

Amazonほしいものリストから登録販売者のテキストを送っていただいたり、
登録販売者ホルダーの方からおすすめの問題集を教えていただいたり、
polcaでテキスト購入のための支援をしていただいたり。

皆様の応援を形にできず、誠に申し訳ございませんでした

いつの間にか皆様の善意がプレッシャーとなってしまい、自分を押しつぶすことになってしまいました。このような未熟な状態で応援を募ったことを心の底から反省しています。

テキストは来年度も使えます。来年度こそ登録販売者を受験し合格するつもりなので、そちらに必ず活かします。

本当にごめんなさい。

本当にありがとうございました。

polcaで支援していただいた皆様

  • みーた様
  • げんきまる様
  • まろにゃん様
  • ふじさわ様
  • ヨーガマスター様
  • akari’n様
  • こなゆき様
  • 河村美咲様
  • オコジョ様

そして直接テキストを送ってくださったみるおか様、おすすめテキストを教えてくださった皆様。

本当に、本当にありがとうございました。

来年も登録販売者を受験します

「お前には難しいんじゃないの?」と思われる可能性があることは分かっていますが、宣言させてください。来年度も東京都で登録販売者を受験する予定です

皆様の善意を無駄にしないよう頑張っていきます。自分自身のコンディションに大きな波がまだ存在することが分かったので、来年度はすべて自己責任で行います。応援はこっそり、お願いします。

来年度は合格のお知らせができますように。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする